ISMSの基礎知識は決して難しくない

マネージメントシステムに対する認証制度

ISMSの基礎知識は決して難しくない」へこの度はご訪問いただき誠にありがとうございます。
ISMSに関する様々なお役立ち情報を当サイトでお届けしています。

 

ISMSとプライバシーマークとでは、対象とする情報の適用範囲が異なるのです。

 

プライバシーマーク制度と比較してみましょう。

 

プライバシーマーク(Pマーク)制度と似た情報管理の認証制度にISMS適合性評価制度があります。
この場合のシステムとはハードウェアのみ単にではなく、組織やその管理手法を含むソフトウェア面もあわせたトータルな意味でのシステム全体のことで、「体制」全体を指してます。

 

つまり、ISMSとは情報セキュリティ全般に関するマネージメントシステムに対する認証制度と言う事が出来ます。
ISMSとは「情報資産を安全に運用するために、組織としての方針および目標を定め、その目標を達成するためのシステム」のことです。
ISMS適合性評価制度とは、名前のとおりISMSを評価認証制度でプライバシーマーク制度と同じ、財団法人日本情報処理開発協会( JIPDEC )が運用しています。

 

コレにたいして、プライバシーマーク(プライバシーマーク)制度はJIS Q 15001:2006に準拠をした、個人情報保護の適切な取り扱いに関するマネジメントシステムへの認証制度デス。
ISMSとは情報セキュリティマネジメントシステム( Information Security Management System )の略で「アイエスエムエス」あるいは「イスムス」とも呼びます。

 

まずは基礎知識を知ることが知っているようで知らないISO27001は大切です。
ISO27001を何も知識の無いまま調べても意味がありませんので、まずはISO27001をネット検索してみましょう。

 

ISO27001について実際のところあまり理解していないんだけど…」と悩んでしまっている方もいるでしょう。
全くISMSについて知らなくても問題なく、口コミ情報やISMSの情報サイトをまず最初は参考にされてみてください。

 

これは決して大袈裟に言っているワケではありませんが、現在ではISMSに関することは簡単に調べることが出来ます。
もしISMSの情報を集めたいのでしたら、ISMSに関する専門サイトなどを参考にされることをオススメします。

 

当たり前のことですが、今現在貴方が求めているのはISMSについての的確な情報のハズです。
もしISMSについて情報収集をしたいのでしたら、インターネットを利用することが得策です。



ホーム RSS購読 サイトマップ