大切な実印の登録

身近に利用することのある「実印」は必ず登録しておく必要があります。
なぜかといいますと日常生活で使う機会が多々あるからです。
まず実印とは高額な費用のかかるものを購入するときに利用します。
不動産の売買に利用したり、自動車を購入したりするときなどに使います。
また遺産相続の書類作成時にも使用します。
重要な書類に印鑑が必要な時は実印を使うことが多いです。
実印を作れるのは15才以上です。
15才未満の方はまだ作れませんので、それまでは待ちましょう。
実印は本人である証明を行うものであり、自分の意志で契約を行っているという証明のためのものです。
失くすと悪用される恐れがあるので気を付けましょう。
どのようなハンコでも実印になるわけではなく、実印として登録したものが実印として使えます。
住民登録を行っている市町村役場で実印登録ができますので、実印を作りたい場合はそちらで手続きしてください。
その時に実印にしたい印鑑と身分証明書、それから登録するのに支払わなければいけない費用を持って行きましょう。
本人でも本人代理の方でも実印登録はできますが、代理の方の場合は他にも必要なものがあるため、きちんと必要なものを揃えた後で登録に出かけてください。

サブコンテンツ

?????????